時間貧乏侍のブログ

双極性障害4年生。将来小屋暮らし+配当金生活希望。投資や趣味の雑感ブログ。

<<第11章 最後に >>自分は普通じゃなかった… ある日突然、精神病院に強制入院した話

俺は、本人が納得する理由も提示されることもなく、強制的に入院・全身拘束を行う、精神医療は間違っていると感じた。

そんな理不尽なことを味わい、改めて人生って色々あるなぁと感じた。

色々あるのが人生なのかもしれません。

 

そして精神科には優しい人ばかりでした。

俺が病気になったのも、神様が考える時間を与えてくれたのだと思います。

病気にならなかったら、休職期間の3年間を使って、人生についてもう一度じっくり考えることはできなかったでしょう。

これも運命だったのかもしれません。

私が鹿児島の病院に入院しているとき、ある女の子が言っていた言葉があります。

「人生は神様が敷いたレールの上を走ってるだけ」

と。その通りかもしれません。

 

今私は、毎日を一生懸命生きている実感があります。

最後にあなたにこの言葉を送ります。

 

何のために生きているのか、なぜ生きているのか。

それは「幸せになろうとするため」なんだと。