時間貧乏侍のボチボチ生きましょう

双極性障害4年生。将来小屋暮らし+配当金生活希望。投資先は国内株、国内リート、米国株、ベトナム投信。YouTube、旅、キャンプ、節約術。

出会いを求めて、相席屋、マッチングアプリを試した結果。

 結果、彼女できず今に至る。

 

先月、相席屋というものを体験した。

友人2人で店へ出向いた。

入り口の前で店員さんにシステムの説明をされる。

店員「通常は10分200円で、女の子が着いたら500円になります」

俺脳内「1時間3000円か。今の時間帯のキャバクラだと4000円のところが多いから安いほうか」

と脳内で納得する自分。

 

30分くらい男2人でビールを飲んでいると、女の子が来た。

同い年くらいで、きれいめの子2人。

高校の話やら仕事の話やら趣味の話など。

正直何を話していたのかもう覚えていない。

覚えているのは…

俺「高校どこ行ってたの?」

女の子「高校2つ行ってた(苦笑)」

という地雷を踏んでしまったこと。

この世に(相席屋)タブーとされている「高校どこ?」を使ってしまったのだ。

友人が上手く他の話題を振り、私は救われた。

 

結果、連絡先も交換できず、2次会のお誘いもできず、その店を後にした。

 

相席屋の感想>

相席屋は女の子を選べず、ただタダ飯目的の女の子が多いため、イケメンか巧みな話術がないと、連絡先すら交換できない。(完)

 

次はマッチングアプリを試した。試したアプリは以下。

・ペアーズ

・タップル

・YYC

 

アルバイト、年収200万以下だったが、女の子から計3人連絡が来た。

 

まず一人目はメールアドレスを交換したが、返事が夜中の3時が多かった。

この時点でも怪しいが、なんと「私ブログ書いてるからぜひ見て」とブログのURLを送って来た。

更新頻度は多めで、普通のブログ。

これは信じてもいいのかな。

ある日のメール。

女の子「スマホの調子が悪いから、このサイトから連絡して」

と友達登録URLが送られてきた。

サイトを開くと、即席で作ったような出会い系サイト。

友達登録したはずなのに友達リストみたいなやつもなく、連絡が取れなくなった。

サクラだった。

 

そして2人目。

今度はLINEのQRコードを送ってきた。

登録すると、名前の下に見たことない灰色のアイコンが…

 

少し気になったが、そのまま連絡。(後で調べると

女の子「スマホの調子が悪いから、このサイトから連絡して」

とURLが送られてきた。

まさかこのパターンは…

サイトを開くと、即席で作ったような出会い系サイト。

今度は相手からメーセージが来た。

何回かやり取りし。

女の子「スマホ新しくしてきたから、連絡先送るね。これLINE ID ********。

(カスタマーサポートから)連絡先などの情報は*********で表示させていただきます。解除は有料会員になる必要があります

俺脳内「連絡先欲しい。有料会員はおいくら?」

と一応、ホントに一応料金だけ確認すると、

・ゴールド会員、文字化け解除 1000pt

ポイントチャージ

・3000円 10pt

・5000円 100pt

・10000円 1000pt

みたいな感じで…

1万円だれが払うか

 

もうマッチングアプリなんて辞めてやる。

とヤケになった時間貧乏侍はスマホに入っていたマッチングアプリを全て退会し、アンインストールしたのであった。

 

相席屋マッチングアプリを体験して思ったこと。

マッチングアプリで重視されるのは、まず安定した職業、高い年収、顔写真。

相席屋で重視されるのは、話し上手もしくはイケメン。

勝手な私の想像です。

こういうもので出会いを見つけるより、自分の魅力度を高めたほうがいい。

スキルを身に着けたり、運動したり、多くの本を読んだりすれば、自然と年収も上がり、健康な体になり、会話の引き出しが増えて魅力度が増すはずです。

 

話のネタになるし、いい経験になるかもしれないので、一度も行ったことない人は行ってみてもいいかもしれないですね。

己を磨く。